読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OTANCHIN!!

文鳥や趣味に関することを適当に。

手に乗った文鳥

餌を交換するついでにケージの中に手を入れて馴らすこと5分。
上のパーチから手を避けるように下段へと飛び降りた文鳥ちゃんをすかさずキャッチし、手をケージから引き抜いた。

――いつもならこのケージから手を抜く間に飛び去るのだが、今日は何かが違う。
文鳥ちゃんまでお外についてきたのだ!

今までツンツンツンツンしてたのになんだ、デレ期がきたのか!
手をものすごい噛まれるけど照れ隠しか、クククッ……

掌から逃げる動きを見せのがその証拠よォ!
ああ、文鳥ちゃんのうんちあったかいなりぃ――

スマホが手短にあったので動画と写真をバシャバシャと撮った。

f:id:hucyou:20170329145714j:plain

うちの文鳥ちゃんが可愛すぎて、いやし効果が半端ない。

f:id:hucyou:20170329145727j:plain

楽しい時間が過ぎ去ったあとは、お掃除がまっている。

翌日

f:id:hucyou:20170329145740j:plain

キャッチして手を引き抜く作業が捗る。

好感度は上昇したのか

――以前に放鳥(というかケージから脱走)したときは、部屋の中を逃げ回るような感じだったけれど、今回は手に乗って飛び去る様子がない。飛び降りたとしても、人間の近くにいる。
毎日の挨拶とエサ交換とうんちの掃除いう召使の努めをシッカリこなしたことによって、同居人として認めて貰えたのだろうか?
ケージの入り口を毎日1時間解放しているけど、自分からはでてこない。名前を読んでも反応しない。
ケージに手を入れると端に避難され、少し無理して足の間に指を入れると飛び乗ってくれるんだが……幼鳥のうちに、なんとか保定して爪切りを経験させたい。

ともはかく。
焦って無理をせず、距離感を大事に付き合っていきたい。まずは仲良しに。
文鳥に愛を注ぐ反面、自分の婚期が確実遠ざかる実感がものすごいある。そして手元には十姉妹の飼育本まである。確実に増える。薄雪鳩も気になっている。増やしたいけど売っていない。