読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUNCYO!!

文鳥や趣味に関することを適当に。

加湿アクアリウム(偽)

文鳥さん保温のためエアコン稼働率が高い

タオル・洗濯物で加湿

これは加湿器ないと厳しいな

音波式は掃除が面倒だし、他は高い

部屋に水槽置けば湿度上がるんじゃないか

おし、お魚さん飼うで!

――という頭の悪い流れで水槽を購入。(合計で6,000円くらい)
シッカリしたものを買い揃えると文鳥さんのケージ管理より手間がかかるという奥が深い仕様だったので、色々調べ、自分なりに考えて極力餌やりぐらいで済む簡易的な環境を構築することにした。

水槽を立ち上げよう

f:id:hucyou:20170321173445j:plain

用意したのはこちらの商品たち。
当初は少しお高い前面ガラス製品にしようと思っていたのだが、店頭で持ってみてあまりにも重かったので中止。その場でサックリとお買い得商品を購入してきた。

まずは、砂利を洗う――って、ものすごい黒いな、おい。

f:id:hucyou:20170321173500j:plain

米とぎの容量で10回程すすぎ、きれいにする。
少し水が濁るが、まあ許容範囲だろうと糸冬。
※商品説明には軽くすすいで、という表記があったが無視してます。

f:id:hucyou:20170321173533j:plain

他のものも洗って、レイアウトを整え水質調整剤を投入。

あらかじめ開けておいたスペースに置こうとしたが、エアーポンプの電源コードが短すぎて配線を見直すハメに。

f:id:hucyou:20170321173559j:plain

逆流防止のため水槽より高い位置に置かないといけないというのに、おかしくないですかねこの仕様。

f:id:hucyou:20170321173615j:plain

そして30分水合わせをして、生き物を水槽に放つ。
投入したのは、白メダカ7匹(750円)に、ヤマトヌマエビ5匹(500円)だ。
白文鳥さんをお迎えしたので、メダカも白にするという安直なアレ。

完成したのがこちら

f:id:hucyou:20170321173653j:plain

魚を飼うのは初めてだが、説明書を読みながら1時間くらいで作業完了。
流木と石材以外は自然物を投入せず、メダカとヤマトヌマエビという日本に住んでおり環境の変化に強い品種を投入することにより、手入れ少なめに水槽を維持するというコンセプトである。

ソイルだとか、パイロットフィッシュだとか、カルキ抜きした水だとか、バクテリア繁殖だとか、環境構築に1周間は置くだとか、そういったアクアリウム的な要素は全てカットした。

小学生のメダカ観察仕様――

自分が小学生に戻っても、この水槽ぐらいなら面倒が見れるはずだ。
やっぱり小学生は最高だぜ! 

おまけ

正直、エビちゃんは水槽の掃除目的で購入した――いわばメダカのオマケなんだけど、ものすごく可愛いんじゃないですかね、コレ。
なんで5匹みんな一緒に寄り添っているんだよ。

f:id:hucyou:20170321173710j:plain

寿司ネタでエビが食べられなくなるじゃないか。

そして数日後

エビちゃんが投げ込み式フィルターのカバー内に引きこもって出てこないんじゃが――
上から触覚が動くのが見えるので生存は確認できるけど、何が悪いのか。

経過を観察していこうと思います。