読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OTANCHIN!!

文鳥や趣味に関することを適当に。

水槽の水は美味しいのか

水槽にまた苔が生えだしたので、怒りの水草導入した。

植物の手入れまでしないといけないとか手間が増えるやん――そう思っていた頃が私にもありましたけど、結果的に水草が余分な栄養を吸うから水質をきれいに保てると……

で、買ってきたのが水草と――生体と水槽。

f:id:hucyou:20170502212720j:plain

……理性が負けてベタちゃんを買いました。480円捨て値セールの子。

水槽は1,000円以下の1,3リットルの小型なものを購入。

ショップのベタが入っていた水槽の水を全部もらってきたので――速攻で麦飯石をぶち込み水草を入れ、不足分の水を足してカルキ抜きを入れ、ベタ投入した。

この間、わずか10分である。

完成品がこちら

before

f:id:hucyou:20170502212729j:plain

after

f:id:hucyou:20170502212738j:plain

――このセンスのなさ、自分で悲しくなる。
まあ、きれいにはなったと思うのでこれを維持できれば良い。様子見。

ベタちゃんはコチラ。

f:id:hucyou:20170502212749j:plain

誘惑に負けて初日からエサをやってしまったけど、シッカリ食べる。
アヌビス・ナナの葉っぱがお気に入りのようで、挟まってじっとしていたり、ゆらゆら泳いだり、可愛いですぞコレ!
1週間で水を半分入れ替える感じでいこうと思います。

ベタちゃんと文鳥ちゃん

f:id:hucyou:20170502212806j:plain

――水温の推移を見るために、PCの近くに置いておいたら文鳥さんが熱い視線を。
そしてツンツンして水槽から水を飲む。この間、放鳥してわずか5分である。

f:id:hucyou:20170502212815j:plain

あかんと思って水槽を普段文鳥ちゃんが行かない部屋の入り口付近に移すも、水を飲みに羽ばたいていくスタイル……水道水(ネクトン入り)よりも美味しいのか、執拗に狙いに行くスタイル。

f:id:hucyou:20170502212825j:plain

くっそかわいいんじゃけど――
※このあとちゃんと蓋をしました。

文鳥さんの竹カゴ生活

文鳥さんをイージーホーム・クリアーバードから尺2の竹カゴに移してから3週間ぐらい経過した。

糞切りを外しているので掃除は楽だし、文鳥さんもリラックして暮らしている感がある。
景観もすごく良いので、部屋に置いていてなんとなくうれしい。

ただ、問題点が3個ある。

狭くて運動量が足りない

動くスペースが少ないためか、出してくれアピールが頻回になった。
週2くらいのペースで竹カゴからイージーホームに戻って過ごして貰っているんだけど、こっちで過ごしている時はそこまで出たがらない――けど、出たら戻りたがらないので不思議ではあるが。
竹カゴの場合、カゴの上にのったり、飼い主の側とカゴを往復してみたりと遊んだりする。
巣という認識が強いのかもしれない。

爪が伸びる速度が早い

正確には削れる速度が遅い、なのか。
お迎えしたお店に唯一売れ残っているシルバー文鳥ちゃんの様子をたまに見に行っているんだけれど、うちの子と比べて爪が伸びていない。目に見えるレベルで差がある。
エサは基本は同じもので、副食やペレットを少量混ぜている程度なので――竹カゴのパーチが細いのが全ての原因だと思われる。
市販の自然木の止まり木は大きさ不適合で、自作しないと改善できそうにない。

エサの飛び散りが気になって仕方がない

竹カゴの一番の欠点はコレ。
f:id:hucyou:20170429212714j:plain何種類も餌入れを試したけれど、結局どれにしても飛散がえらいことえらいこと。

f:id:hucyou:20170429212705j:plain

今はこんな感じのレイアウト――餌入れを斜めに設置し、パーチを二段にして段差を作り、文鳥ちゃんがエサを食べるときに頭を突っ込んでくれる構図を作ってみたり。
ダイソーで購入したキューブケース(もはや皿でもない)を使っていてきれいに食べてくれるのだけれど、いざ外に出たいアピールが始めるとエサを啄み、カゴに張り付き、餌入れの中に入ってみたり、おお、やめてくれ文鳥ちゃん! みたいな感じになって結局散らばる。

下の動画は、文鳥さんがきれいにエサを食べてくれる様子。
※本当はブランコに乗っている姿を撮影したかったので見苦しいです。

メーカーさんには便利で買いたくなる餌入れを作って欲しい。
具体的にはナチュラルペットフーズ エクセル フードフィーダーを小型化して毎日エサを交換する飼い主に適合した形にして欲しい。
つまり――餌入れに止まり木がついていて、前面と側面と上面に飛び散り防止の透明な壁があり、小鳥が頭を突っ込んで食べることができ、外付けでケージ内のスペースを圧迫しないという仕様の製品をお願いします。
需要が少ないのか、鳥さん用品変化しなさすぎ感がある。頻繁すぎる仕様変更はアレだけど、ここまでないのもアレである。
何年か前の商品レビューで悪い点が書いてあるのをよく見かけるけれど、まったく拾った感がないんだもの。

飛び散りの解決策は……ある

わかってる、クリアファイルをハサミで切って、セロハンテープで貼るだけだって。
正解がカゴの外側を加工することだと理解できていても、景観を損ねるのに抵抗が……

餌入れ試行錯誤代金がもう2,000円を越えそうな悲しみを背負っている。

結局、竹カゴの使用感はどうなのか

・景観◎
・居住性○
・メンテナンス○
・広さ×
・餌の飛び散り×

部屋のインテリア、文鳥の巣と考えれば良いモノだけど、文鳥の部屋と考えると少し手狭。
放鳥は1日2時間くらいで、残り22時間はカゴの中。

――大きければ大きいほどいい。

竹カゴの大きいサイズが売っていれば迷わず買い替えなんだけれど(そもそも大きいものを買っていた)、KAWAIさんのは尺2より大きいサイズが廃盤になっていて買い換え不可。
となると、定番のHOEIさんが良いのだろうか。

焦らず、じっくり検討していこうと思います。
なにせ先走って購入した竹カゴが3個も家にあるからネ。(文鳥用、予備、十姉妹用)
文鳥の静かさで考えていたら、十姉妹はうるさすぎてお迎えは中止に……

加湿用メダカ水槽のその後

――水槽設置から数日後

うおお、エビちゃんが死んだ!

そう思ったら脱皮だったでござる。
しかし、メダカは2匹死んでしまった。
餌が地面に貯まるので、あげすぎているかと思って減らしたらコレだよ。

f:id:hucyou:20170424194126j:plain

そこで、餌を上げる前にろ過フィルターの電源を落として、止水にするようにした。
こうすることでメダカが食べた量がはっきりわかり、量の間違いがない。

1週間後

地面がものすごいきれいになった。
生体の欠損もなく、皆元気に過ごしている。

さらに1週間後

f:id:hucyou:20170424194118j:plain

壁面にすごい汚れが付着。
室内なのに完全にグリーン。メダカもエビちゃんも快適そうだけれど、室内の水槽でコレは景観が……あと、なんだか臭う、臭うのだ……

ここまで早く苔?が繁殖した理由としては

・文鳥さんの飛び散ったエサの沈殿
・LEDの照射時間が1日10時間以上
・足し水以外の手入れはしていない

――こんな感じだと思う。あくまで思うだけで、確証ではない。

もっかい1週間後

――安定と安楽の水槽リセットをした。

f:id:hucyou:20170424194135j:plain

中身を全てバケツに移動し、砂利を何度も洗い流し、水道水→カルキ抜きのコンボ。
水慣らしをしない適当な運用だったけれど、生体は全員無事に生存した。
さすが日本環境適応種、丈夫である。
ついでに、レイアウトも整えたのでかなり栄えるようになった気がする。

次回は苔抑制のために、なんぞ薬っぽいものを毎週ぐらいで投入していきたい。

大丈夫ではなかったのは

排水のため、2階から1階へ水槽を運ぶ際に自分の腰をやった。
とても元の場所に戻す気力はなく、家の玄関に……

部屋の中が寂しい。
加湿のために導入した水槽だけれど、メダカにエサをやる時寄ってきてくれるし、ぽーっと眺めている時間があったりして愛着が湧いていたのだ……

今度はもっとコンパクトな水槽を、なんて考えたけれど小さすぎると水質管理やなんやらが大変になるという話で無計画には購入できない。
15センチ以下の水槽について念入りに調べてから、計画的な設置をしようと思います。

男性目線から見るトリコレ

4/9(日)に名古屋の吹上ホールでトリコレに行ってきた。
来場して思ったのが、女性客が多いこと――場違い感に嫌な汗が出た。

千種駅から運動がてら歩いたので、動きやすいラフな服装だったのだ。こんなに男女比率が寄っているとは聞いていない、くっ……
まあ、ジャージではなかったし清潔な服装ではあるのでセーフとしておこう。

自分のことはさておき、出店について。
僕は今回事前にどんなブースがあるか調べず、大量の小銭を財布に忍ばせていったのだが――

女性向けの高額商品(個人の感覚)多くない?

我が家の鳥ちゃん写真集(フルカラー8P)的なものを大量に買い込んでこようと意気揚々していたんだが、そんなもの一冊も売っていないんじゃが……
鳥イラストの扱いはあったけど、写真集は著名者の一般流通している本だけだ。
『70以上の鳥クリエイター・企業団体出店』とか銘打ってあったじゃろ?
鳥さん用の枝や巣、鳥カゴ、遊び道具をオリジナルで作っている個人が出店していると思ったら影もなし……インコさん用の遊び道具が若干あったぐらいか。

読んでニヤニヤできる本や、文鳥さんに活用できる商品が欲しかった……
ここでしか買えない何かを買って物欲を満たしたかった……

では、何があったのか。
女性用のアクセサリーや小物類である。

華やかだし、見ていて楽しい。
彼女(脳内)にプレゼントするならこれかな――
そんな風な楽しみ方もできるし、十分に時間を潰すことはできる。
アラサーオッサンが会場徘徊してほんとすいません。

だが、だがしかし、だけれども、男性が身に纏う商品ではない。
まして、うちの文鳥ちゃんのお土産となる商品でもないのだ。

戦利品

結局何を買ったのかというと、こんな感じである。

f:id:hucyou:20170411002317j:plain

1.シマエナガちゃんのサイン本
小原さん直々に名前(本名)まで入れてもらってニッコリ。
しかし、家に帰って絶望にゴールすることになる。

f:id:hucyou:20170411002353j:plain

印刷ミス商品じゃないかチクショォォオオオアアアア!! うわああああああ!!
サイン本なのに、なんという悲しみなのか。
あと、紙の品質が悪いので同梱のポストカード(無料おまけ)のほうが画質がきれいという悲劇が起きてしまっている。価格をあげても買うので品質向上をお願いしたい……

2.白文鳥の缶バッチ
NPO法人TSUBASAへの募金特典である。かわいい。
コッソリと何かに貼り付けたい。

3.インコ家紋Tシャツ
インコサミットさんから購入。
さりげなく文鳥さんも混ざっているのが良い。
月姫フォントの文鳥Tシャツと迷ったが、こちらのほうが普段着にしやすいかな、と。

4.クリアファイル
イラストレーターのうにまるさんから購入したもの。
300円という圧倒的に良心的な価格での販売でニッコリ。
とても良い笑顔で販売していただいいて嬉しくなった。ありがとうございます。

5.佐屋高校文鳥プロジェクトのカード
弥富文鳥へのアンケート特典。

ふたりでひとつとか、そこはかとなくエロスな響きがあるカードは不健全なので私が回収しました、この私が! 案の定Google先生で検索したらエロゲのwikiが1ページ目の最下部にでてきたぜ。危ないところだった……。

文鳥プロジェクトについては今度別にまじめな雑記を書こうかなと思います。
近隣の小鳥屋が閉店する時代だけれど、がんばって活動して欲しい。

6.入場パンフレット
ものすごくクオリティが高く、入場料いるのー、とかまったく思わないデキである。
表紙に白文鳥さんがいるので、飼っている自分としては嬉しい限りだし。
このパンフレットにある愛鳥写真みたいな本を買うのが、本来の目的だったんだよなぁ。なんで誰も売ってないんだよ……

f:id:hucyou:20170411002329j:plain

他所の家の鳥さんも可愛い。みんな可愛い、やったね!

おまけ.Fate/strange Fake4巻と1部完結本

f:id:hucyou:20170411002341j:plain

トリコレの帰りにアニメイトで買った。
そして帰りの電車ですぐさま4巻のあとがきを開きバッカーノの新刊までのカウントがあるかを確認する作業をしようとしたらネタバレ警告が、くっそおおおおあああああああ!! 無視して読む覚悟はない。
バッカーノお願いします、お願いします、お願いします……!! 早くお願いします!!!111

トリコレ総括

男性お一人様でも楽しめるが、女性に比べると購入対象となる商品が少なく楽しみが半減する。
彼女連れの男性ならものすごく楽しめる。オッサンは心を強く持たないと会場の圧に潰されそうになる。
東海最大級の鳥イベントだけれど、鳥飼い向けではなく鳥グッズが好きな人向け。
あと、圧倒的なインコ勢力。インコ好きは2倍楽しい。文鳥さん……

そんな感じだと思います。
今度は自分が欲しかった『我が家の鳥さん本』を作る側で参加できないもんかと妄想しながら幕。

雛換羽と竹カゴ

文鳥さんの毛が抜けてきた。

f:id:hucyou:20170406225901j:plain

数日様子を見ると、ものすごい抜けて不安になる。

f:id:hucyou:20170406225913j:plain

あと、なんだか攻撃的になりケージ内のものを噛む。
なんにでもカリカリカリと。
さらに、夜間にカバーをかけてからはケージに体当たりするのが日課に……

そこで、落ち着いて休めるようにと皿巣を導入してみた。日中は噛んだり乗ったりして遊ぶけれど夜はパーチにとまって寝るという謎行動で効果なし。

ならばと、竹カゴに移してみることにした。
元々文鳥さんのケージを掃除した時用&十姉妹を飼う時用にと、2籠買って油っぽいのを塗り込んで準備万端にしておいた品だ。

f:id:hucyou:20170406225848j:plain

ちなみに、この油(公式品)――乾燥するのに室内だと2日はかかる&臭う。
エアコンを稼働しているので外干しより早く乾くと思ったのに完全に錯覚だった。
しかも空気清浄機を稼働していても消えないレベルの臭い……


そして、今朝――

放鳥の後に文鳥さんを竹カゴにイン。

f:id:hucyou:20170406225926j:plain

――夕方、帰宅後の様子がコレである。
カゴの中はものすごい散らかり、部屋の床までエサが飛び散り、悲惨なことに。
一般的なケージ付属のエサの飛び散りガードがいかに優秀だったか。

しかし、悪いことばかりでもない。
人間としては堪ったものではないが、文鳥さんには快適なようだ。
放鳥すると何時間でも人間の側にいる子が、今日は自分からケージの中に戻っていったので。
夜間も暴れることなく良眠だし、しばらく様子を見ようと思います。